40代のスーツは貫禄と安心感を

管理職として責任のある立場を担うことも増えてくる40代には、欠かせない存在という存在感のあるスーツの装いが必要です。
また、自身のポジションにふさわしい安心感を与えられるものをチョイスしていきます。
たとえば、粋な同系色のチェックのモダンなダブルスーツなどが最適です。
簡素すぎるジャケットではリーダーに見えません。
アンコン仕立ては着楽ではありますが、これらは休日の遊び着と考えることが大事です。
さりげないタイバー使いでさらに貫禄をアップさせたり、メリハリをつけることでチェック、ストライプ、ドットという柄と柄と柄の組み合わせも品よくなります。
また、短めの丈で体型をスマートに見せようとする人がいますが、丈が短すぎるのも貫禄の表現には不向きです。
シーンによっては、むしろ軽薄なイメージを与えかねないので注意します。
そして、適度なテーパードは美しい着こなしに必要とはいえ、裾幅17cmに近いタイと過ぎるものはビジネスでは攻めすぎなので、着席時にひっかからない程度のものにします。

http://suitbeat.com/